恋ラバ

素敵な恋愛をしてライフスタイルを輝かせよう!

出会い

社会人になって友達が減ったと思うのはあなただけではなかった!

更新日:

学生時代は毎日が友人との日々で楽しい生活だったのが一変、社会人になると途端に朝から晩まで仕事に終われ、休憩時間だってないに等しい平日ですよね。

休日も体を休ませたり用事を済ませたりと社会人になり友達と会う時間が極端に減ったと感じる人は多くいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

友達の条件とは一度再確認の意味で

まず第一に、友達としての前提条件を提示してみたいと思います。学生時代の友人達を思い出してみてください。彼らは同じ意思・目的を持って同じ学校で出会いましたよね。それだけでまず仲間意識というものが芽生えます。

加えて、身元もはっきりとしている。案外これは重要なことで、どこの誰かと分からない人間とは人は親しくなりにくいものです。なぜなら何気ない会話で相手の家庭事情やそこから得られる相手の性格というものが大なり小なり存在するからです。

「相手が母子家庭の場合にはあまり自分の家の母親の話はしない方がいいかな?」なんていう些細な心遣いをしながら、お互いに気持ちの良い友人関係を築く条件となるはずです。

相手が同じ会社の人の場合

それが社会人になってみると、相手の家庭環境をはじめプライベートなことは聞きづらいものです。いくら同じ会社やチームとして仕事をしていて仲間意識が芽生えたとしても、仕事はあくまで仕事であってプライベートではない、という認識があります。

また大人になりそれぞれが立たされる立場や収入の違いも壁になってくるでしょう。もちろん複雑な事情を抱える人もいます。どちらにせよ、学生時代のように安易に聞くと露骨にいやな顔をされる場合があるので注意せねばなりません。

中には親しい同期や面倒見のいい先輩とご飯や飲みに行ったりすることもあるでしょうが、そんな時でもお互い社会人ということを忘れずにいなければなりませんので、どんなに友達だと思っても、完全に気は抜くのは危険です。

すっかり気心知れた同期に友人気分で「○○の部署の○○さんが・・・・」なんて学生時代には気軽にしていた噂話をしてみれば、あっというまにあなたは「信用の置けない人」「陰口を言う人」と思われ距離を取られる可能性があります。

昔からの友達の場合

またそれとは逆で、社会人になった途端昔からの友達とも連絡頻度が極端に減る場合もあります。同じ学校で同じ授業、同じ人たちと接していた時は絶えることのなかった会話も、別の会社に入り別の日常を過ごせば共通の話題は格段に減ります。

何より会おうとしなくても毎日会えていたのと、連絡を取って都合を会わせなければ会うことが叶わない、というのでは全く心積もりが変わってきます。手間や時間が掛かっても、また共通の話題で盛り上がることができなくても一緒にいたいと思える友達が何人になるか、ある意味ここでふるいにかけられるのです。

例えそれで50人いた友達がたったの2人になった、なんてこともあるかもしれませんが、ただこの場合は友達が減った、と落ち込むことはありません。むしろ、忙しい仕事の合間を縫って作るこれからの貴重な自由時間を、本当に気の合う友達と過ごす為の試験のようなものと捉えればいいのです。

社会人になりどうやって新しく友達を作るか

では、どのように新しく友達を作るか。さすがに就職した20代前半でそれ以降は新しい人と親しくなれない、なんて寂しいですよね。

社会人になって新しい友達と出会うのは少なからず不安があります。大人になるとそれぞれの社会人経験で培ってきた愛想笑いや社交の技術というものが発揮されますが、それはお互いに「大人の付き合い」が出来る反面、本人の本当の性質を隠してしまえる短所もあります。

相手がどんな環境で育ってきたか、どんな性格か、それを見極めるのがとても難しくなり結果的に「今一歩踏み込めない間柄」に終始してしまう可能性があるのです。

共通項を作る

学生時代でも大人になっても親しい友人を作るに必要なのはやはり「共通の話題」です。といっても、適当に相槌を打って話を合わせておけば仲良くいられる、というのではありません。それでは自分も疲れてしまいますし、相手にも気づかれてしまいます。

本当の友達が欲しいなら、自分が相手に合わせる必要はありません。自分の趣味がある人は、それを極める意味で同じ趣味の人を見つけてみてください。これまでなら話したり、仲良くなることのなかった人でも同じ趣味というだけで一気に仲良くなれるかもしれません。

身近なところで見つけにくい、というのなら今ならSNSを利用するのも手です。「この趣味の人に悪い人はいない」なんていうのは偏っていますので自分なりのルールや良識を持ってSNSを利用するに越したことはありませんが、共通の趣味の人と出会ってメッセージのやり取りだけでも楽しい会話ができるでしょうし、相手の対応で不快にならなければ実際に会うこともできるかもしれません。

趣味のない人は、思い切って新しいことに飛び込んでみる機会だと思って習い事をしてみてはいかがでしょうか。世界を広げてみることは、新しい友達と出会え楽しい毎日を過ごせるチャンスかもしれません。

まとめ

社会人になり親しい友達を作ることは学生時代とは違って容易ではないかもしれません。一時は友達に会う時間も友達自体も減った、と落ち込むこともあるでしょう。

しかしそれこそが自分の新しい毎日を作るチャンスだと思って、趣味や習い事に邁進すればそこで必ず出会いはあります。

「類は共を呼ぶ」という言葉の通り、自分にぴったり合う友達が社会人になってから見つかることでしょう。

出会いが欲しい!そんなあなたにオススメの恋愛サイト

マッチドットコムは、世界24カ国・1500万人の会員の中から本気で恋人候補を探せます。日本国内でも187万人の会員を突破し、ギネスブックにも認定されていているほど優良なサービスなのです。

インターネットで恋人を探している人に、ロクな人間はいない!なんて思われますが、時代は刻々と変わってきています。今は5組に1組がオンラインで知り合っている時代なのです。

登録は無料で一切不利益はありませんので、一度どんな人が登録しているのか、どんなシステムなのかを自分の目で見て確かめてみることをおすすめ致します。


http://jp.match.com/【公式】

おすすめ記事

1

女性の悩みのなかでも、特に多い悩みのひとつが「ムダ毛」に関することですよね。 ワキ、腕、足、顔、背中と様々な場所が毛深いことでお悩みの女性がとても多いんです。 では、どうして女性の身体は毛深くなってし ...

彼氏ができない 2

彼氏ができない女性には、いくつかの特徴があります。自分自身を見つめなおすことで、彼氏ができる可能性がグッと高まるのです。原因を探り、彼氏ができない悩みから解放されませんか?

3

口臭があることで、もしかしたら知らない間に恋愛チャンスを逃しているかもしれません。あなたは大丈夫でしょうか?口臭の原因は一体何なのか、簡単に口臭チェックする方法、口臭を防ぐための対策をお伝えします。

-出会い

Copyright© 恋ラバ , 2017 AllRights Reserved.