恋ラバ

素敵な恋愛をしてライフスタイルを輝かせよう!

不倫

セカンドパートナーを作ることで得られるメリットとデメリット

更新日:

セカンドパートナーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近になって広まっているこの言葉ですが、このセカンドパートナーを見つけることで、夫婦関係が改善され、これまでとは違う幸せを手に入れることができたという人が多く存在します。いったいセカンドパートナーとは何なのでしょうか。そして、セカンドパートナーにおけるメリットとデメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。紹介していきます。

スポンサーリンク

セカンドパートナーとは?

セカンドパートナーとは、既に結婚している人間における、食事や映画などを見に行くだけの相手のことです。そして重要なのが、セカンドパートナーとの関係はプラトニックな関係だということです。つまり、デートはするが体の関係はない相手、ということになります。

このセカンドパトナーの定義を示した時、それならば異性の友達、と同じなのではないか、と言う人も多いのですが、セカンドパートナーは友達とは違う関係です。なぜなら、その二人の関係には、しっかりとした恋愛感情があるからです。恋愛対象になる相手でありながら、体の関係はない、それこそがセカンドパートナーの本質となります。

なぜセカンドパートナーが欲しいの?

夫婦関係が長く続いていれば、両者の恋愛感情が長く続いているということになるでしょうか。いえ、決してそのようなことはありません。最初は当然、お互いに恋愛感情を持って結婚をしたはずですが、その関係が長く続いていくと、その関係は男女の関係から家族の関係へと変わっていきます。相手が大事であることは同じですが、男女の恋愛とはまったく別物になってしまうものです。

セカンドパートナーを見つければ、結婚した当初に感じていたような新鮮な恋愛感情を持つことができるようになります。それを感じることによって、精神は充実しますし、毎日の生活にもハリが出てくるようになるでしょう。結果、結婚生活にも良い影響を及ぼしてくれるのです。

不倫とは違うが恋愛感情はある

セカンドパートナーは不倫とは違います。肉体関係は存在しないので、世間一般で言われている不倫とは決定的に違う点が存在するのです。しかし、恋愛感情はあります。そしてそれは、毎日の生活を楽しくしてくれるでしょう。つまりそのことによって、不倫におけるマイナス面をなくし、不倫によって得られるプラス面だけをを獲得することできるということなのです。

実際にセカンドパートナーとの関係を続ける人は、不倫をしているとは思っていません。夫や妻という大事な存在と、恋愛をして高揚感を得られる相手は、別だと考えているのです。

本当の幸福を手に入れることができる

セカンドパートナーとの関係と夫婦生活の二重生活は、双方を相乗効果で良いものにしてくれます。結婚生活が長く続くと、恋愛時代に思い描いた結婚生活との相違から、不満を感じる人も多く、そのことがきっかけで喧嘩が多くなり、離婚をしてしまう人も多く存在します。しかし、セカンドパートナーがいれば、そのような不満は解消されるので、おのずと結婚生活もうまく行くようになるのです。

もちろん、セカンドパートナーがいなくても良好な夫婦関係を続けている人は多く存在しますが、誰でもそのような状態になれるわけではありません。恋愛感情の欠如によって起きる夫婦関係の悪化を、肉体関係なしのセカンドパートナーの存在によって食い止めることができるのであれば、それも幸せな夫婦生活と考えることもできるのです。

セカンドパートナーを認めている夫もいる

なかには、妻にセカンドパートナーという存在がいることを認め、了承しているような夫も存在します。そうすることで妻が幸せを感じることができ、肉体関係もないのであれば、セカンドパートナーがいても構わない、と考える人もいるのです。

もちろん、全ての人がそれを認めるのは難しいでしょう。もしかしたら、セカンドパートナーを作りたいと言い出したことで、喧嘩になってしまったり、離婚してしまうような人もいるかもしれません。セカンドパートナーは、夫や妻の了承なしには作れないものですので、結婚相手の理解が一番の難関ということにもなります。

本気になってしまう可能性も

ただし、セカンドパートナーも良いことばかりではありません。なかには、セカンドパートナーとの関係が一線を越えてしまい、肉体関係に発展してしまった結果、離婚することになったという人もいるのです。

セカンドパートナーとの関係というのは、疑似恋愛の形に近いものがあります。恋愛感情がある以上、その関係をもっと発展させたい、もっと強く繋がっていたいと思ってしまうのは仕方のないことです。そうして、燃え上がってしまうことは誰にも抑制できないのです。

最初はそのような気持ちがなかったとしても、人の気持ちというものは論理によって抑えられるものではありません。むしろ、ダメだと思っているからこそ、強く願ってしまうこともあります。セカンドパートナーによって家庭が壊れるかもしれないリスクも、当然のように考えておかなければならないことだということです。

子供にとっても理解できるものではない

セカンドパートナーという存在は、大人ならば理解できなくもない話ですが、子供の理解は得られないことが多いです。もしも、親にセカンドパートナーがいるということが学校などで噂になってしまえば、子供はイジメられてしまうことにもなるでしょう。

一度そのようなことになってしまえば、夫婦関係が険悪になってしまうのは避けられません。親の勝手で子供に迷惑をかけてしまったという事実は、生涯消えることはありませんので、その後セカンドパートナーとの関係を解消したとしても、家族の関係が完全に元通りになるのは難しいでしょう。

セカンドパートナーの存在は、子供に迷惑をかけてしまいます。そのため、できれば子供のいない夫婦か、子供が成人した後にパートナーを作るようにしたほうが良いです。

良いパートナーを見つける難しさ

セカンドパートナーは、良いパートナーを見つけるのがかなり難しいです。あなた自身がどれだけ不倫関係には発展させないと思っていても、相手もそうであるとは限りません。むしろ相手は、肉体関係を望み、その本性を隠していることもあるのです。

また、セカンドパートナーの関係を相手が終わらせようとしてくることもあります。そうなった場合、恋愛同様にあなた自身も傷ついてしまうことになり、それは夫婦関係にも影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

セカンドパートナーはその関係のままでいられれば、相手が認めてくれている場合に限り、大きなメリットを得られますが、その関係が崩れてしまったときのリスクはかなり大きいです。そのこともしっかりと考えた上で、どうするべきかということを考えるようにしましょう。

さいごに

セカンドパートナーという関係には、大きなメリットとデメリットが存在します。そして、そのデメリットは一つの家族を壊してしまうほど、大きなデメリットです。絶対にセカンドパートナーを作ってはいけないということではありませんが、安易に作るようなことはあってはなりません。

今後の夫婦の行く末をしっかりと考えた上で、それでもセカンドパートナーを作りたい、作るべきだ、と考えるのであれば、それも一つの正解の形と言うことができます。どちらにしても、しっかりと夫婦で話し合うということが大切であり、子供がいる方は、子供のことを第一に考えて、どうするべきかということを考えましょう。

出会いが欲しい!そんなあなたにオススメの恋愛サイト

マッチドットコムは、世界24カ国・1500万人の会員の中から本気で恋人候補を探せます。日本国内でも187万人の会員を突破し、ギネスブックにも認定されていているほど優良なサービスなのです。

インターネットで恋人を探している人に、ロクな人間はいない!なんて思われますが、時代は刻々と変わってきています。今は5組に1組がオンラインで知り合っている時代なのです。

登録は無料で一切不利益はありませんので、一度どんな人が登録しているのか、どんなシステムなのかを自分の目で見て確かめてみることをおすすめ致します。


http://jp.match.com/【公式】

おすすめ記事

彼氏ができない 1

彼氏ができない女性には、いくつかの特徴があります。自分自身を見つめなおすことで、彼氏ができる可能性がグッと高まるのです。原因を探り、彼氏ができない悩みから解放されませんか?

2

口臭があることで、もしかしたら知らない間に恋愛チャンスを逃しているかもしれません。あなたは大丈夫でしょうか?口臭の原因は一体何なのか、簡単に口臭チェックする方法、口臭を防ぐための対策をお伝えします。

結婚 出会い 3

結婚したいけれど、出会いがないことに悩みを抱えている女性は多いですよね。結婚願望ばかりが強くなり、結婚相手が見つからないことに対して大きな不安を感じるものです。それでは結婚相手とは一体どこで出会えるのか、ご紹介致します。

-不倫

Copyright© 恋ラバ , 2017 AllRights Reserved.