2016/02/27

好きな人に既読無視されがちなLINE(ライン)の内容とは

今や連絡の手段となっているLINE(ライン)は、メールと違って相手が読んだことを表す既読がつきます。メールにはなかった機能ですがこれが逆にやっかいな事になったりもします。

特に好きな人とLINE(ライン)をしていて、既読がついているのに返信が来ない「既読無視」をされると結構ショックですよね。どんな内容が既読無視されやすいのか探っていきましょう。

- SPONSORED LINK -

既読無視される一番の原因は返信しにくい内容である

これが意外と気付かないのですが、思い当たる人は自分のを見直してみましょう。「今?にいるよ」「眠たい」「暇だなぁ」など、どちらかというと独り言に近いメッセージは既読無視されやすいです。相手もどんな反応を返せば良いのか分からなくなってしまいます。自分に置き換えて考えてみてください。

もしも彼氏だったら些細なことでも返信したくなりますが、友人だった場合はどうでしょう。返信しにくい内容だったら、そのまま放置してしまいそうではありませんか?それは彼も同じで、友人程度の付き合いなら急いで返信する必要もないのでそのままスルーしてしまうでしょう。

またメールのように長々とメッセージを送られても、読むのが面倒になり既読無視につながります。長くても2、3行でおさまるように調整しましょう。読みやすいのが1番です。

それと、LINE(ライン)スタンプの使い方ですが、間違えると返信しにくくなりますので、好きな人には慎重に選ぶようにしてください。スタンプで会話するまで親密度があれば良いですが、いきなり変なスタンプを送っただけでは相手は返信して来ないでしょう。

LINE(ライン)の内容が自分のことばかりである

好きな人に自分のことを伝えたいのは分かりますが、話の主体を自分ばかりで進めると相手も疲れてしまいます。相手も興味のある内容であれば良いのですが、興味のない多くの場合は既読無視になりますね。

一歩間違えるとただの報告になりかねないので、伝えたい気持ちを一瞬我慢してメッセージを作成しましょう。具体的には相手のことを聞いてから自分のことを話し始めるなど、会話のキャッチボールが続くように考えるべきです。

また、話がしたいために何度もLINE(ライン)を送ってはストーカーになりかねません。恋人でもないのに頻繁に送られてくると、読まないでスルーする未読無視にも繋がってしまいます。

返信が来ないからと言って次々と送るのも逆効果です。手軽にコミュニケーションがとれるツールがLINE(ライン)ですが、時間などを考えて送るようにしましょう。

どんな内容がいいの?

返信しやすいのは疑問形で送ることです。「?って映画やってるけど見た?」「?って面白そうだけど知ってる?」などです。疑問形や彼の趣味にぴったり合うような話題がふられると、返信もしやすいですしその後も続きやすいです。

いい流れだと、遊びに行く約束を取り付けることも出来るテクニックなので実践する価値はあります。少し高度なテクニックですが、ちょっとネガティブな面を見せるのも1つの手です。

あまり重くない内容なら返信してもらう可能性もありますが、あまりやりすぎるとかまってちゃんになりかねないので見極めが大事です。やっぱり友人として好きな人とやりとりするなら、ポジティブなものが良いですよね。

最後に

頻繁に相手から既読無視される場合、自分のLINE(ライン)の内容を見直した方が良いかも知れません。あまり深刻に考える必要はありませんが、直せる部分は直していった方が良いでしょう。

基本的には好きな人の気持ちになって、どんな内容なら楽しくやり取り出来るかを考えてから送るとよいでしょう。色々と考えてやっと送った後に来た返信ほど、嬉しいものはありません。この他にもいろいろな手段がありますので、是非実践して好きな人とのやり取りを楽しんでくださいね。

出会いが欲しい!そんなあなたにオススメの恋愛サイト

マッチドットコムは、世界24カ国・1500万人の会員の中から本気で恋人候補を探せます。日本国内でも187万人の会員を突破し、ギネスブックにも認定されていているほど優良なサービスなのです。

インターネットで恋人を探している人に、ロクな人間はいない!なんて思われますが、時代は刻々と変わってきています。今は5組に1組がオンラインで知り合っている時代なのです。

登録は無料で一切不利益はありませんので、一度どんな人が登録しているのか、どんなシステムなのかを自分の目で見て確かめてみることをおすすめ致します。


http://jp.match.com/【公式】


- SPONSORED LINK -

 - ライン・メール